UQモバイルで0120(フリーダイヤル)にかけた時の通話料は?

大手キャリアに比べてかなり安い金額でスマホが使るで話題の格安SIMの中でもトップクラスの通信速度を誇るUQモバイルですが、音声通話についてはどうなのか?フリーダイアルにかけた場合はどうなるのか?について徹底検証してみました。

何となく格安SIMは音声通話についてのサービスは大手キャリアに比べると、質がおちるのではないか?長電話をすると料金がかかるイメージを持っている人も多いと思いますが、UQモバイルでは音声通話がお得に使えるオプションなどもあり、また音声通話代を抑える方法もありますので、それを紹介していきます。

\今月のキャンペーン情報はこちら/

UQモバイルでフリーダイヤルにかけた時はどうなる?

まずは、UQモバイルでフリーダイヤルにかけた場合はどうなるのか?について紹介します。そもそもフリーダイヤルとは主に、0120~始まる電話番号でお店や会社の問い合わせ先の電話番号に使われることが多く、通話料が無料で何分でも電話をかけることができます。

普段電話を使わないという人でも、こういったお店や会社に連絡する場合でEメールなどの文面での問い合わせができない場合は必ず使う場面が出てくると思います。

結論から言うと、フリーダイヤルは固定電話や大手キャリアではもちろん無料ですが、UQモバイルでも変わらず通話が無料でできます。フリーダイヤルはUQモバイルの電話問い合わせの電話番号にも使われているので、何か困ったことがあれば電話代の事は気にせずにどんどん使っていきましょう。

UQモバイルに限らずフリーダイヤルは携帯からだと繋がらない可能性あり

先ほど紹介したフリーダイヤルですが、携帯電話で繋がらない可能性もあります。これは格安SIMだからとか大手キャリアなどの会社にかかわらず、繋がらないものはすべての携帯で利用できません。

理由としては、フリーダイヤルの仕組みから説明する必要があります。そもそもフリーダイヤルとは通話代がかからないというものではなく、実は通話代がかかっています。この通話代ですがフリーダイヤルにかけた方に請求されず、電話番号の契約者が代わりに払っているのです。

このフリーダイヤルは、企業側が契約する際に着信できる電話の種類を選択することができ、この際に携帯電話からの着信をできないように契約したフリーダイヤルだと、UQモバイルなどの格安SIM、大手キャリアにかかわらず電話をかけることができません。

その場合は固定電話からかけてみるなど、電話の種類を変えて再度電話してみましょう。

フリーダイヤルに繋がった場合は通話料金はかからない

フリーダイヤルにつながった場合は、その通話時間、日時にかかわらず通話料金は請求されません。これは先ほど紹介した通りかけられた企業側が代わりに支払っているからです。

0800から始まるフリーダイヤルも無料で通話できる

主に0120から始まる電話番号が多いフリーダイヤルですが、実は0800から始まる電話番号もあります。0800から始まる電話番号も0120から始まる電話番号と同じフリーダイアルです。

なので0120から始まる番号と同じく、電話番号の契約者(企業側)が100%通話料金を負担する形になります。問い合わせ先が0120から始まる電話番号ではなくても通話料金がかからないので、安心して問い合わせの電話番号にかけてみましょう。

0570から始まるナビダイヤルは通話料がかかるため注意

0570から始まる電話番号はナビダイヤルと言われる番号です。この電話番号はフリーダイヤルと同じくお店や会社の電話番号で使われていますが、フリーダイヤルとは違い通話料をかけた側が全額負担しないといけません。

このナビダイヤルに電話するとはじめに、【ナビダイヤルでおつなぎします。この通話は20秒ごとに、およそ10円の通話料金でご利用いただけます。】などのアナウンスが流れるのでわかりやすいです。

この料金はスマホのかけ放題プランに入ってたとしても通話料が取られるので注意が必要です。0570から始まる電話番号にかける時は、他に0120から始まる電話番号が用意されてないかを確認してみましょう。

もし0120から始まるフリーダイヤルが別に用意してあるようであれば、0570の電話番号にはかけずそちらに電話することをおすすめします。

UQモバイルで通話料を抑える方法

せっかく格安SIMにして月々のスマホ代を安くしたから、通話料も節約してさらに安くしたいと誰もが思うでしょう。イメージとして格安SIMはデータ通信については格安で大容量プランが用意されているけど、音声通話を多用するのには向いていないと思っている人が多いようです。

しかし、UQモバイルでは音声通信においてもお得なオプションが用意されてます。さらに、様々なアプリサービスを使うことで通話料をさらに抑えることもできます。ここではUQモバイルで通話料を抑える方法についてまとめてみました。

国内通話かけ放題オプションを利用する(月額1,700円)

UQモバイルの国内通話かけ放題オプションである「かけ放題(24時間いつでも)」に加入すれば、月額1,700円で音声通話が無制限で使い放題になります。普段から電話を頻繁にかけ10分以上の通話が多い人は、このオプションに加入しましょう。

国内通話10分かけ放題オプションを利用する(月額700円)

電話を頻繁に使うけど10分以上の長電話にはならないという人向けに、かけ放題(10分/回)という一回当たり10分以下の通話であれば何回かけても月額料金が定額になるオプションがあります。かけ放題(10分/回)には月額700円で加入することができます。

60分/月の無料通話パックを利用する(月額500円)

電話をよく利用するけど月で計算すると60分に満たないという人には、月の電話が60分間定額でかけ放題になるオプションの通話パック(60分/月)がおすすめです。

LINEやFacebookなどで無料通話をする

月の通話料を抑える方法として今もっとも使われているのが、LINEやFacebookなどの無料通話サービスを利用することです。この無料通話は電話による音声通話と違い、通話料がかかることはありません。なぜならインターネット回線を利用した音声通話ができるサービスだからです。

電話での音声通話と違い、携帯の電話番号への通話や固定電話への通話はできませんが、先にそのアプリ上で友達をIDを交換していればいつでも音声通話を楽しむことができます。

仕事や会社でのやり取りには使えませんが、友達同士での音声通話は無料通話ができるサービスを利用することをおすすめします。

LINEやFacebookの音声通話は通話料がかからない代わりにデータ通信を使うので、多く利用する人は大容量プランに変更するかWi-Fiに接続することによって、お得に使うことができます。

「SMARTalk」などのIP電話を利用する

SMARTalkという050の番号からはじまるIP電話ができるサービスを利用すれば、携帯や家、店のへの通話料金が安くなります。携帯電話の通話料金は、大手キャリアや格安SIに限らず共通して20円/30秒です。SMARTalkなら8円/30円で通話できるため、通話料金を半額以下に抑えることができます。

SMARTalkは初期費用、月額料金基本料金で利用できます。アプリをダウンロードし初期設定を済ませればすぐ利用できますので、是非公式サイトをチェックしましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回はUQモバイルでの音声通話について紹介しました。UQモバイルでは大手キャリアと同じようにフリーダイヤルの電話番号に電話をすることができますが、フリーダイヤルの契約者側が携帯電話からの着信のサービスを設定してなければ利用することはできません。

普段仕事や、プライベートでよく電話をする人は、国内通話かけ放題オプション、国内通話10分かけ放題オプション、60分/月の無料通話パックを利用すれば月の電話代を抑えることができます。またLINEなどで無料通話アプリを利用するのも手です。しかし、0570から始まるナビダイヤルはどのプランにしていても通話料を負担しなければなりません。

この記事を読んで皆さんも、UQモバイルで自分に合った音声通話オプションに加入してデータ通信だけではなく音声通話も格安で楽しみましょう。

当サイトからの申し込みで最大10,000円キャッシュバック
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/