UQモバイルはまとめて支払いが使える!auかんたん決済の使い方

みなさんは普段ネットショッピングや有料アプリの購入、アプリ内課金などオンライン上でゲームや情報を購入する機会はありますか?

今やオンラインサイトでの買い物や、音楽・動画をデータだけ購入する方法は広く普及してそんなに珍しいことでもなくなりました。そんな時の支払方法に「キャリア決済」というものがあるのはご存じでしたか?

今回はUQモバイルで利用することができるキャリア決済の仕組みやお得な活用方法などをご紹介します。格安SIMにも関わらずキャリア決済ができるのはUQモバイルの大きなメリットでもあります。キャリア決済を使ったことのない方もぜひ参考にしてください!

\今月のキャンペーン情報はこちら/

UQモバイルのキャリア決済(まとめて支払い)について

UQモバイルはキャリア決済である「auかんたん決済」が使える

クレジットカードを持っていない場合、ネットショッピングやアプリ内課金をするときに面倒に感じることも多いですよね。

いちいち銀行振り込みをしたりコンビニ支払をするのも手間で、あまりネットで買い物はしない・・・という方も中にはいるのではないでしょうか。

また、普段からネットショッピングをしていて、ネットでの買い物をまとめて支払いたいと考える方も多いでしょう。

そこで便利なのが、携帯の利用料金と一緒にネットショッピングでの商品代金を支払うことができる「キャリア決済」というシステムです。

通常、格安SIMキャリアでは利用できないことが多いサービスですが、UQモバイルではSoftbankやauなどの大手キャリアと同じようにキャリア決済を使うことができます。

UQモバイルはauと同じKDDIのグループ会社なので「auかんたん決済」を利用することができ、auと同じようにスマホ料金と一緒に商品代金がまとめて引き落とされます。

UQモバイルのキャリア決済が利用できるサービス

UQモバイルのキャリア決済はauかんたん決済が利用できるサービスで利用することができます。

主にGoogle PlayやApp storeなどでのアプリの購入やアプリ内課金の他に、メルカリやミンネなどのフリマサイト、ドミノピザや東宝シネマズなどのオンラインサイトでも利用することができます。

クレジットカードを使いたくない場面でも、いちいち銀行振り込みをしたりコンビニ支払いをする手間も省けますし手数料もかからないので、とても便利なサービスです。

キャリア決済で利用した料金は月末締めの翌月10日前後請求

キャリア決済での利用代金は、UQモバイルの利用料と同じく月末締めの翌月の10日前後に請求がされます。

支払方法も、携帯利用料と同じ口座・カードからの支払となります。支払方法を別で設定することはできないので注意しましょう。

携帯利用料金と合算しての請求になるので、慣れないうちは「思っていたより携帯料金が高く請求されている!」と驚く方もいます。

キャリア決済を使った月はその月のUQモバイルからの請求がいつもより高くなるということを覚えておきましょう。

年齢やUQモバイルの契約期間に応じて利用限度額がある

かんたん決済で毎月利用できる額は、年齢や契約期間によってUQモバイル側で上限が指定されます。

たとえば原則12歳以下は1500円以下、20歳以下は100,000円以下といった具合に年齢によって大まかに決まっていてそれに加えて契約状況によって変動があります。

かんたん決済の利用額についてはmy UQ mobileから限度額の確認や変更ができるので利用する前に一度確認しておきましょう。

UQモバイル契約期間
4ヶ月未満4ヶ月以上
25ヶ月未満
25ヶ月以上
年齢
13歳未満最大1,500円最大1,500円最大1,500円
13歳以上
20歳未満
最大10,000円最大10,000円最大10,000円
20歳以上最大10,000円最大30,000円最大50,000円

UQモバイルで販売されているガラケーではキャリア決済は使えない

UQモバイルではスマートフォンの場合はどんな端末でもかんたん決済をインターネットで行うことができますが、ガラケーでかんたん決済を利用することはできません。

ガラケーでもインターネットにはもちろん繋がりますが、支払いについては残念ながらかんたん決済以外での支払いになってしまいます。

UQモバイルのキャリア決済(まとめて支払い)の使い方

Androidの場合は事前設定なしでキャリア決済が使える

使っている端末が、Android端末の場合は特に事前の設定などはせずにキャリア決済で決済を行うことができます。

ただし、Android端末であっても事前にau IDの申込みと設定は必要なのでmy UQ mobileから設定しておきましょう。

その後ネットショッピングなどでキャリア決済を利用したい際はいつものように購入画面に進み、支払画面にて「auかんたん決済」を選択するだけで使えるようになります。

iPhoneの場合はキャリア決済利用に設定が必要なので注意

iPhoneの場合、auIDの申込み・設定の他にApp Storeからお支払情報の項目を「キャリア決済」に設定しておく必要があるので注意が必要です。

少し手間ですが、もしキャリア決済を利用する機会がありそうならあらかじめ設定を済ませておくと、いざ使いたい時に慌てることがなくなりますよ。

UQモバイルのキャリア決済の利用金額はマイページで確認

今月どのくらいキャリア決済で買い物をしたのか知りたい場合、いちいち利用したショッピングサイトで購入履歴を確認しなくてもUQモバイルのマイページから総額を確認することができます。

6カ月前の分までであれば簡単に遡って確認することができるので、家計管理にも非常に便利です。

特についつい課金しがちなゲームアプリで使いすぎていないかをチェックしたり、最後にあれを買ったのはいつだっけ?などといった確認にも重宝しますよ。

UQモバイルのキャリア決済を使って現金化する方法

キャリア決済を使った現金化とは?

キャリア決済を上手に活用すれば、キャッシングなどの借金をすることなく現金を手に入れることができるようになります。

ただし、キャリア決済を利用した現金化の換金率は100%にはならず、高くても80%前後の現金しか手に入らないので注意が必要です。

そのため、キャッシングはしたくないけど現金がどうしても欲しい!といった場合のみの利用をおすすめします。

【方法1】iTunesカードやGoogle Playギフトコードで現金化する方法

一つ目の方法は、ネット上でiTunesカードやGoogle Playギフトコードを購入してオンラインのギフト券買い取り業者に売るというものです。

売るときに口座番号や個人情報の入力や、身分証明書の提示などをする必要がありますがこの方法であれば即日キャリア決済を利用して現金化をすることができます。

法律に違反している方法でもないので、レビューや口コミのいい優良店であれば安心してキャリア決済で現金化することができますよ。

ただし、たとえば1000円分購入したiTunesカードであっても買取業社には600円から高くても800円程度でしか売れず時価によって金額も変わってくるので注意が必要です。

【方法2】Amazonで商品を購入して現金化する方法

二つ目の方法は、キャリア決済を利用してAmazonで商品を購入し、その商品をリサイクルショップやメルカリなどのフリマサイトで売る方法です。

少々原始的で実際に手元に現金が入るのには何日かはかかりますが、ネットでギフト券を換金するより単純な方法で現金化をすることが可能です。

安定した換金率で商品を現金化するには、新しめのゲーム機器やスマートフォン端末、電化製品などがおすすめです。こちらもギフト券と同様、80%の換金率で現金化できれば充分と考えておくといいでしょう。

ただし、ギフト券と違うのはその時に需要が高まっているものは100%に近い換金率で現金化できる可能性もあります。フリマサイトなどで、何が高く売れるかをリサーチするとよりお得に現金化することができますよ。

まとめ

今回はUQモバイルのキャリア決済である「auかんたん決済」についてご紹介しました。

UQモバイルはKDDIグループなのでauと同じ「auかんたん決済」でキャリア決済を行うことができます。キャリア決済は手数料などもかからず、簡単にネットショッピングでの支払いを携帯料金とまとめて行うことができる便利なサービスです。

ネットショッピングでクレジットカードを使いたくない時はもちろん、どうせ払うものならまとめて支払ってしまいたい方にもとてもおすすめなキャリア決済をぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

最大10,000円キャッシュバック中!
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/