UQモバイルの申し込みにかかる時間や日数について解説

最近格安スマホが普及してきており、皆さんにとっても少しずつ身近な存在になってきているのではないでしょうか。以前は携帯電話といえばドコモやau、ソフトバンクという大手しか選択肢になかった方も多いと思います。

しかし実際、街中に多くの店舗があるわけでもないですし、どのようにして契約したらいいのかわからない方も
多いのではないでしょうか。

そこで今回は格安スマホキャリアであるUQモバイルの、申し込み手順や契約までに要する期間、審査の内容などについてご紹介します。

申し込み方法について知ることで、今まで以上に格安スマホが身近なものになると思います。そして毎月のスマホ代も安くなり、お財布にも余裕が出てくるのではないでしょうか。是非ともUQモバイル契約の参考にしてみてください。

\当サイトからの申し込みで1万円キャッシュバック/

UQモバイルで申込みから完了までにかかる時間や日数について

手持ちのスマホを使う場合はSIMロック解除を行う(5分程度)

現在使用しているスマホ端末をそのまま利用してUQモバイルと契約する場合は、手持ちのスマホ端末のSIMロックを解除する必要があります。

SIMロックとは、国内の携帯電話キャリアでスマホを購入した場合、通常は契約した携帯電話キャリアのSIMカード以外は使用できないようスマホ端末にあらかじめロックがかかっています。

そのため、他キャリアのSIMカードを挿してその端末を使用したい場合、SIMロックを解除することで利用が可能となります。SIMロック解除の手続き方法は携帯電話キャリアによって若干違いますが、基本的には店頭でもオンラインでも手続きが可能です。

店頭ではSIMロック解除手数料が3,000円発生、オンラインでは無料でできるため、可能であればオンラインで行うことをおすすめします。

乗り換えの場合はMNP予約番号を取得する(5分程度)

現在契約している携帯電話番号を、UQモバイルに契約変更後も使用したい場合はMNP(携帯電話番号ポータビリティ)という制度を利用することで、契約変更後も電話番号をそのまま利用することができます。

MNP制度を利用する場合は、現在契約中の携帯電話キャリアでMNPの予約申し込みを行い、MNP予約番号を取得します。予約申し込みは、各社とも電話やオンラインにて簡単に行うことができます。

電話であれば自宅から行える上、「MNP予約番号が欲しい」と最初に伝えるだけであとはオペレーターの人が話を進めてくれるため、手軽にできておすすめです。

UQモバイル公式サイトから申し込む(5分程度)

MNP予約番号を取得したら、必要書類等を用意してUQモバイル公式サイトから申し込みを行います。必要なものは、MNP予約番号、連絡の取れるメールアドレス、本人確認書類、クレジットカードもしくはキャッシュカードとなっています。詳細はUQモバイルホームページを確認してください。

注意点としては、MNP予約番号の有効期限は予約当日を含めて15日間となっているので、UQモバイルへの申込日も考えて予約する必要があります。ちなみに、UQモバイルへの申し込みは、オンラインショップからの場合、MNP予約番号の取得日から2日以内に申し込まなければいけません。

審査が通ってSIM(+端末)が発送される(最短1営業日)

UQモバイル公式サイトでの申し込みが完了したら、UQモバイルにて審査が行われます。無事に審査が通れば申し込んだ種類のSIMカードが、スマホをセット購入した場合はSIMカード+端末が発送されます。最短で1営業日での発送となっています。

SIMカード(+端末)が自宅に届く(最速で申し込みから2日)

申し込んだ種類のSIMカードもしくはSIMカードとスマホ端末のセットが自宅に届いたら、端末にSIMカードを取り付け、my UQ mobileにログインして回線切替の手続きやネットワーク設定(APN設定)などの初期設定を行います。この作業が終わればUQモバイルの契約がすべて完了となります。

もしも回線切替の手続きを行わなかった場合、MNP予約番号の有効期限切れを防ぐため、SIMカードを発送した日の7日後に自動的に回線切替が行われます。外出中に切り替わってスマホが使えなくなってしまった…という事態を防ぐためにも、SIMカードが届いたら早めに手動で切替を行いましょう。

UQモバイルの申込みに関するQ&A

朝や夜などどの時間帯で申し込みするのがベスト?

店舗で申し込む場合は、申し込みに行く店舗の営業時間内である必要がありますが、オンラインショップの場合は24時間申し込みが可能で、時間帯によっての差はありません。そのため、申し込む方の都合のいい時間で行うのがいいと思います。

もし審査に落ちた場合は何回でも申し込める?

万が一審査に落ちてしまった場合も、何度でも申し込み手続きを行うことができます。審査に落ちてしまう理由は様々です。

代表的なものとしては、本人確認書類とオンラインショップでの入力内容と差異がある、必要書類の不備、MNP予約番号の有効期限切れ、転出元とUQモバイルへの申し込みの名義が異なる、申し込み者が未成年などが挙げられます。

それらが原因で審査に落ちた場合、申し込み内容や書類の不備を改める、契約者の見直しなどを行うことで、再度申し込んだ際には審査に無事通ることが多いです。

しかし、クレジットカードの信用情報が原因の場合や過去にUQモバイルとトラブルを起こしてしまったなどの原因で審査に通らなかった場合は、手続きの問題ではないため、何度申し込んでも結果は変わらない場合もあります。

UQモバイルの審査は土日祝日も行われている?

UQモバイルの審査は土日祝日も変わらず行われているため、平日に申し込んでも土日祝日に申し込んでも大きな違いはありません。

ただし、申し込みが集中する時期などは、審査件数が多くなり、結果として少し多くの日数がかかってしまう場合もあります。

UQモバイルの審査に通らなかった場合に見直したいポイント

本人確認書類と入力内容に相違がある

本人確認書類と入力内容に相違があった場合、残念ながら審査に通りません。本人確認書類の内容を正確に入力することでこの問題は防ぐことができまうす。

万が一、入力ミスにより審査に落ちてしまった場合は、再度申し込みを行う際にきちんと見直しを行い、正確に入力することで審査に通ることができます。

本人確認書類の画像にブレや反射などがあり不鮮明である

本人確認書類をオンラインで提出する際に、画像データにブレや反射などがあり不鮮明な場合、審査に通らない場合があります。出来る限り鮮明な画像データの提出を心がけましょう。

MNP予約番号の有効期限が必要な日数分残っていない

MNP予約番号については先程もお話ししましたが、有効期限があり、それを過ぎてしまうと予約番号は失効してしまい、審査に落ちる原因となってしまいます。

MNP予約番号の有効期限は予約当日を含めて15日間となっているので、店頭での申し込みの場合は有効期限内に、オンラインショップからの場合は取得日から2日以内に申し込みを行ってください。

移転元キャリアとUQモバイルで名義が異なる

移転元キャリアとUQモバイルで名義が異なる場合は審査に落ちてしまいます。必ず契約者の名義が同じになるように注意してください。

どうしても名義を変えたい場合は、移転元の名義を変更してから転出手続きを行うか、同じ名義で転出したから名義を変更する必要があります。その場合は後述の支払い時のクレジットカードや銀行口座の名義にも関係してきますので、そちらの手続きも必要となります。

クレジットカードや銀行口座の名義が申込者名義と異なる

上項の契約者名義と同様に、支払いに利用するクレジットカードや銀行口座も契約を行う名義が同じであることを確認してください。

また、新規契約の支払い方法はクレジットカードのみ、他社からの乗り換え(MNP)はクレジットカードだけでなく銀行口座での支払いも可能です。そのため、もしも新規契約での申し込みの際に銀行口座での口座振替を選択した場合、申し込みがキャンセルされてしまいまいます。

まとめ:UQモバイルの申し込みにかかる時間はわずか!SIMカードも最速2日で届く

今回は格安スマホキャリアであるUQモバイルの、申し込み手順や契約までに要する期間、審査の内容などについてご紹介してきました。

UQモバイルオンラインショップでの申し込み手順、他の携帯電話キャリアからの乗り換えを行う際のMNP予約番号取得方法、もしも審査に落ちてしまった場合の対処方法などについてご理解いただけたかと思います。

また、通常店舗での申し込みであればその場でスマホを利用開始できますが、オンラインでの申し込みであればそうもいきません。しかし、何週間も時間がかかるわけではなく、最短2日で手元にSIMカードが届き、すぐに利用を始めることができます。

是非とも今回の記事を参考に、UQモバイルでのスマホ生活を検討してみてくださいね。

当サイトからの申し込みで最大10,000円キャッシュバック
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/