UQモバイルは60歳以上だとお得!シニア割の詳細を解説

みなさんはUQモバイルのシニア割をご存知でしょうか?最近は若い年代だけでなくシニア世代にもスマートフォンが浸透してきており、家族全世代でスマホを所有しているなんてことも多いと思います。

家族同士での連絡環境は非常に快適になっている反面、毎月のスマホ利用料が高くなってしまっている家庭もあるのではないでしょうか。

そこで今回はUQモバイルで60歳以上の方が安くスマホを利用することのできるシニア割についてご紹介します。

\今月のキャンペーン情報はこちら/

UQモバイルのシニア割(60歳以上対象)の詳細

シニア割なら24時間通話し放題が6ヶ月間0円、7ヶ月目以降も700円

UQモバイルの24時間通話し放題は通常1,700円で、回数や1回毎の通話時間などの制限がなくいつでも無料で通話ができるようになるオプションです。

シニア割は24時間通話し放題が契約から最大6ヶ月間無料で利用でき、7ヶ月目以降も1,000円割引の700円で利用できます。シニア割の対象は、UQモバイル指定機種の購入、持ち込みまたは利用中かつ対象の申込み時点で利用者の年齢が60歳以上の場合です。

新規契約だけでなく、プラン変更、通話オプション変更、機種変更または持込みにも対応しており、非常に利用しやすい割引となっています。

また、UQあんしんサポートの電話サポートを最初の2ヶ月は無料で利用することができ、スマホの初期設定方法やアプリケーションの設定、インターネット接続設定やWiFi設定などのサポートも受けることができます。

そのため、初めてスマホを利用するシニアの方でも、安心して利用を開始することができます。UQあんしんサポートを3ヶ月目以降も継続して利用したい場合は月々350円のオプション料金を支払えば利用可能です。

通常200円/月かかる「@uqmobile.jp」のメールアドレスが無料で使える

UQモバイルのメールサービスはオプションとなっており、オプション申し込みによりメールアドレスを取得することが可能です。メールサービスのオプション料金は月々200円ですが、シニア割適用の方は契約期間中ずっと無料で利用することが可能です。

メールアプリはACCESS社のCosmoSiaを利用します。GooglePlayからダウンロードして設定を行えば、あとは簡単に利用することができます。

シニア割の条件はスマホ端末が「BASIO4」か「おてがるスマホ01」であること

シニア割の条件を満たしているスマホ端末は、UQモバイルのホームページによると「BASIO4/おてがるスマホ01/DIGNO® Phone」となっています。それ以外の機種の場合、条件外であるため、シニア割の適応にはなりません。

しかし、先ほども記載しました通り、対象機種であれば、新規契約でなくても、機種変更はもとよりプラン変更などにも対応しており、非常に利用しやすい割引プランとなっています。

UQモバイルのシニア割がおすすめの理由

大手キャリアに比べると半額以下の月額料金でかけ放題付きのスマホが使える

大手キャリアであれば同等内容の契約であれば、月々の支払いは最低5,000円以上になりますが、UQモバイルであれば最低1,480円からとなっており、7か月目以降も2,180円での利用が可能です。ひとりで契約の場合は、UQ家族割が適用されませんが、それでも2,680円で利用できます。

家族同士の通話だけでなく、国内どこにかけても料金の上乗せがありません。そのため、若者のようにネット検索やSNSで問題を解決できないシニアの方でも、何か困ったことがあった場合など、UQモバイルのシニア割を契約していると気軽に電話での問い合わせが可能です。

家族がUQモバイルを使っている場合はUQ家族割が適用されて毎月500円お得に

家族ですでにUQモバイルを利用している、もしくは一緒に新規契約するなどしてUQモバイルを2回線以上契約している場合、UQ家族割が適用されて月々の料金から500円の割引を受けることができます。

家族全員がUQモバイルと契約し、さらには自宅のネット環境をUQ WiMAXにすれば主回線が毎月500円割引になります。これらの割引を活用すれば、家庭で支払うトータルのスマホやネットの利用料金を格段に安くすることができますね。

その他のUQモバイルのメリット

通信速度が格安SIMの中ではダントツに速い

UQモバイルのネット通信は通信速度が格安SIMの中ではかなり早いです。これはUQモバイルのサービスを提供しているUQコミュニケーションズ株式会社が、大手キャリアauと同じKDDIグループだということが関係しています。

格安SIMサービスを提供している企業は、基本的に大手キャリアから通信網を借りてサービスを提供しています。

UQモバイルもau回線を借りてサービスの提供を行っていますが、同じグループ内での貸し借りのため、他社に比べ安定した通信網を利用できている可能性があります。そのため、他の格安SIMに比べ、かなり快適なネットワーク環境を利用することができます。

翌月にデータ残量が持ち越せる「データ繰り越し」に対応している

データ容量については、その月に余ったデータ容量は翌月に持ち越せる「データ繰り越し」に対応しています。これはシニア割だけでなく、UQモバイルのスマホプランを契約の方はみなさん共通して受けられる特典となっています。

繰り越し上限は、プランSの場合最大3GBまで、プランRの場合最大5GBまで、毎月余った容量すべてを繰り越すことができます。

ちなみにプラン料金は以下の通りです。

プラン名月額料金節約モード/
速度制限時
プランS
(3GB)
1,980円300kbps
プランR
(10GB)
2,980円1Mbps
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円(通話不可)200kbps
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円(通話不可)-

使い切らなかったデータ容量を翌月に繰り越せるため、料金を支払ったデータ容量が無駄になる心配がありません。そのため、より少ないデータ容量のプランでも、無駄なく快適に利用することが可能となります。

「節約モード」を使えばデータ容量を消費せずに通信ができる

以前の記事にも掲載していますが、UQモバイルには「節約モード」というものがあり、契約プランのデータ消費をせず、データ通信を行うことができます。

簡単に説明すると、ターボ機能というものがあり、ターボ機能がオンの場合は高速通信のためデータ消費が伴いますが、ターボ機能をオフの場合、低速通信になる代わりにデータ消費をせずデータ通信ができるようになります。このターボ機能をオフにすることを節約モードといいます。

通信速度は、ターボ機能オン(高速通信)が受信最大225Mbpsに対し、ターボ機能オフ(低速通信)が受信最大300Kbpsとなっています。

低速通信のため、高画質での映画鑑賞などには不向きですが、SNSや音楽鑑賞、ネット検索はほとんど問題なく行えるレベルで、YouTubeなどの動画閲覧も低画質であれば見られるレベルの通信速度です。

他社からの乗り換え(MNP)であれば口座振替でも契約可能

UQモバイルで利用可能な支払方法は、クレジットカード払いもしくは口座振替(郵便局の場合は自動振込)のいずれかとなっています。オンラインショップ・新規お申込み電話窓口での新規ご契約時は、月額料金の支払い方法をクレジットカードに限定されています。

しかし他社からの乗り換え(MNP)の場合は口座振替での契約が可能となっており、クレジットカードを所有していなくても契約が可能となっています。

そのため、60歳以上でクレジットカードを持っていない方でも、新たにクレジットカードを作成する必要がなく、銀行などの口座を所有していればそのまま契約することができます。

まとめ

今回はUQモバイルで60歳以上の方が安くスマホを利用することのできるシニア割についてご紹介してきました。シニア割の割引内容、大手キャリアに比べてお得だということ、UQモバイルのデータ容量の繰り越しなどについてご理解いただけたでしょうか?

この記事を参考に、かなりお得なUQモバイルのシニア割を検討してみてください。きっと今までよりも安くて快適なスマホ生活を送ることができると思いますよ。

最大10,000円キャッシュバック中!
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/