UQモバイルでiPhone10(iPhone X)は使える?

世界的に熱狂的なファンが多いApple社のiPhoneシリーズ。2020年春には最新機種も発売され、ますます大人気のシリーズです。

ところがiPhoneの最新機種はお値段がかなり高いことがネックですよね。格安SIMへの乗り換えを考えている人は多いと思いますが、その際に手持ちのiPhone Xをそのまま使えるなら、ぜひ利用したいと考えるでしょう。

今回は、そんなiPhone Xが格安SIMのUQモバイルで使うことができるのか、また契約の際の注意点などをご紹介します。

\今月のキャンペーン情報はこちら/

UQモバイルでiPhone Xを使うためには?

au版、SIMフリー版は何もせずUQモバイルでそのまま使える

高画質、高性能にもかかわらず最新機種に比べ安く手に入る型落ち機種として大人気のiPhone Xですが、UQモバイルでももちろん使用することができます。

UQモバイルはau回線のためauから乗り換えてauで購入したiPhoneを持っている方や、フリマサイトなどでiPhoneを購入した方はそのまま使うことができます。

今、iPhone Xをau版やSIMフリー版で使っていて、携帯利用料を見直したい方はお手軽にUQモバイルに乗り換えることができますよ!

ドコモ版、ソフトバンク版はSIMロック解除すればUQモバイルで使える

ドコモやソフトバンクで購入したiPhoneでも、SIMロック解除を行えばUQモバイルで使うことができるようになります。

SIMロック解除の方法はドコモとソフトバンクで多少違いますが、ネットや店頭、電話で行うことができます。

SIMロック解除の条件ですが、ドコモの場合はクレジットカード支払いであれば特にありません。それ以外の場合は購入から100日経過している必要があります。ソフトバンクの場合、どの支払い方法でも機種購入から100日経過している必要があります。

ただし100日経過を待たなければならないのは分割購入の場合で、両社とも一括購入であれば購入してから即SIMロック解除が可能です。

手元にiPhone Xがない場合には?

iPhone Xの生産は終了しているため新品入手は困難

次々と新機種が発表されつづけるiPhoneシリーズですが、実は新機種が発売されると旧機種の生産は終了してしまうため、Amazonなどの通販サイトでiPhone Xの新品を入手することが難しくなってしまいます。

各キャリアにて在庫があれば購入することも可能ですが、在庫が無くなり次第終了してしまいますし容量や色なども限られてしまいがちです。

Appleの公式ホームページからはすでに削除されているので、iPhone Xを取り扱っている大手キャリアで購入するか、Apple製品取扱店で地道に在庫を確認するしか新品を購入するすべはないというわけです。

iPhone Xの中古なら手に入るが注意が必要

新品購入のハードルが高めのiPhone Xですが、中古であれば比較的簡単に手に入れることができるのも事実です。メルカリやヤフオクなどのフリマ・オークションサイトでは5万円前後でやりとりされていて、中には新品同様の端末もあります。

ただし、中古端末を購入する際には新品を購入するときよりも注意点がいくつかあります。

まずはUQモバイルの回線に対応することができる端末であるかという点です。au以外のキャリアで購入されてかつ解約から3カ月以上経ってしまっている端末はSIMロック解除を行うことができませんので実質使うことができません。

また、当たり前ではありますが中古品はメーカー保証がついている可能性が低く、何かトラブルがあっても対応してもらうことが難しいです。iPhone製品は新品購入後1年間のメーカー保証がついているので心配であれば1年以内に購入された端末を探すようにしましょう。

さらにiPhoneには「アクティベーションロック」という盗難防止用のロック機能がついており、登録者のApple IDとパスワードがないとロック解除を行うことができません。購入前にしっかりこのアクティベーションロックが解除されているか確認しておかないと、最悪全く使い物にならない端末である可能性もあります。

SIMロック解除されているか、メーカー保証はついているか、アクティベーションロックは解除されているか、の3点は必ず確認してから購入してくださいね。

iPhone X以外のシリーズならUQモバイルでセット購入可能

実はUQモバイルではiPhone X以外のiPhoneシリーズであればセット購入することも可能です。少し前のシリーズですが防水機能のついたiPhone7や4Kビデオも撮影できるiPhone6sも発売当初よりかなりお値打ちになっています。

格安SIMが初めての方だと、契約するキャリアで端末も購入したいという方が多いのでSIMと一緒に端末の契約もできるのは安心ですよね。

UQモバイルの場合、端末の購入方法は一括・24回払い・36回払いの中から選ぶことができ、分割にしても特に利息なども発生しません。初期費用は低く抑えたいけどとにかくiPhoneが欲しい!という方はぜひ端末のセット購入も検討してみてください。

iPhone XでUQモバイルに乗り換える際の注意点

UQモバイルに乗り換える時に必要な費用について

UQモバイルに乗り換える際に必要な費用についてですが、移転元キャリアとの契約状況によりその金額は大きく変わってきます。

まずは移転元キャリアで端末を分割購入していてまだその残債が残っている場合はその残りの端末代、さらに解約手数料が発生する期間内の解約であれば解約手数料が発生します。

MNPを利用して乗り換える場合は2000円から3000円ほどのMNP転出手数料が移転元キャリアから請求されます。

端末のSIMロック解除についてはネットで自分で行えば無料でできますが、3000円(+税)のSIMロック解除手数料を払えば店頭でスタッフにやってもらうこともできます。

UQモバイルで発生する費用については、新規契約時の事務手数料が3000円(+税)のみがかかります。MNPを利用しても別途、転入手続き料などがかからないのはありがたいですよね。

まずは移転元キャリアで端末代の残債があるのか、解約手数料がかかるのか、SIMロック解除はどうするのかを決めてUQモバイルでの契約に進むと、総額でどれくらいの初期費用になるか計算することができますよ。

MNP予約番号取得から2日以内に申し込む必要がある

MNPを利用して乗り換える場合はMNP予約番号の取得のタイミングにも注意が必要です。

そもそもMNP予約番号については15日間の有効期限がありますが、UQモバイルの場合はさらに短く取得後2日以内の予約番号でなければ受け付けてもらえません。

MNP手続き後は移転元キャリアは即解約になってしまうので、月額料金などがダブってしまわないように月末や月初の手続きをおすすめします。

現在のキャリアメールは使えなくなるため注意

ドコモやソフトバンクでは@docomoや@softbankのキャリアメールが使うことができていましたが、UQモバイルに乗り換えるとそれらのメールアドレスは使うことができなくなってしまいます。

代わりにUQモバイルでは@uqmobileのメールアドレスが取得できるサービスもありますが、どちらにせよ一時キャリアメールでのやりとりができなくなってしまうため、乗り換え前に大切なメールはgmailなどのフリーメールアドレスに届くように変更しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回はUQモバイルはiPhone Xに対応しているのかを中心にご紹介しました。

UQモバイルでは、iPhone Xの販売はしていないものの自分で端末を用意さえすればSIMを挿して使用することができます。iPhone Xの新品端末は入手がかなり困難なので、安全なフリマサイトやオークションサイトなどで購入してください。

月々の利用料がお得にもかかわらずiPhone Xが使えることはUQモバイルの大きな利点でもあります。安くiPhoneを利用したい方はぜひUQモバイルへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

最大10,000円キャッシュバック中!
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/